So-net無料ブログ作成
検索選択

Go!プリンセスプリキュア 第25話『はるかのおうちへ!はじめてのおとまり会!』 [Go!プリンセスプリキュア]

 刑事コロンボの「うちのカミさん」の存在や、古畑任三郎の「赤い洗面器の男」、世にも奇妙な物語の傑作として名高い「ズンドコベロンチョ」など、作中では語られずに謎のままという話があります。それがまさかプリキュアでも出てしまうとは・・・
 プリキュア史上最大?の謎、みなみの三個目のスーツケースの中身とは、果たして・・・
  
 終業式を終え、夏休みに故郷へ帰る生徒達でにぎわうノーブル学園。それを見つめるトワの故郷は、闇に閉ざされたホープキングダムです。帰る宛の無いトワと対照的に、きららとゆいちゃんは、はるかの家にお泊りだと楽しそう。浮かれてはダメだと釘を差すみなみも、大きなスーツケースを三台も用意して気合十分です。
『少しってレベルじゃねぇぞ!』(台詞は一部異なりますが趣旨は合っています)
『一番浮かれてるのってみなみんじゃない?』
 ゆいちゃんときららの突っ込みが入る中、トワはみんなを寂しそうに見送ります。が、しかし。はるか達がトワを仲間外れにするはずがありません。いざみんなで、はるかの実家へ出発です。

 はるかの故郷は、かつて宿場町として栄え、今は観光地となっている渋く雰囲気の良い街。そこに軒を連ねる和菓子・甘味処の「春屋」が、はるかの実家です。
 久々に帰宅した愛娘に、超がつく親バカのいぶきさんが飛びつこうとしますが、はるかを囲むご常連の皆様に囲まれ、外野で寂しく出迎えました。

『これ、うちの者から皆様へ。つまらないものですが・・・』
 みなみが一つ目のスーツケースを開けると、そこにはメロンがぎっしり詰まっています。
『高級メロン詰め合わせ・・・』『inスーツケース・・・』
 今回は、ゆいちゃんときららが突っ込み担当です。そして忙しそうなお店の手伝いを申し出ます。
『普段できない体験をする。それが夏休みですから』(1)
 春屋には可愛い看板娘が一度に五人も増えました。ゆいちゃんときららは教わらずとも接客をこなし、不慣れなみなみとトワには、はるかが的確に指示を出します。
 休憩時間はみんなであんみつを堪能。春屋のあんみつは、ゆめ先生にごちそうになって以来、好物になったトワも満足の味です。
 夕方はみんなで温泉公衆浴場へ。(ところで入浴シーンは?)。夏は肝試しなど、町を挙げてのイベントもある、古き良き町がそこにあります。もっとも、お化け嫌いのみなみは肝試しと聞いて腰が引けています。
『誰だって苦手なものはあるでしょう』
 その言葉にトワは足を止め、宵の空を見上げて呟きました。
『苦手なもの・・・』

 翌日も好天に恵まれ、庭先で流しそうめんが始まります。
『夏休みの体験ね』(2)
 しかし初挑戦のみなみとトワはそうめんを掬えず、はるか、きらら、ゆいちゃんは上手に取りました。
『流しそうめんは狙って取るんじゃなくて、待って取るんです。こう!』
 はるかのお手本通りに試すと、今度は二人とも無事そうめんにありつきました。
 お次はトウモロコシ。そのままかぶりつくきららを見て、お嬢様二人は戸惑い、同時に挑戦します。
『そのような食べ方・・・』『夏休みの体験ね』(3)
 続けてスイカの種飛ばし。春野姉妹が競い合うのを見て、みなみも挑戦します。
『夏休みの体験ね』(4)
 春野姉妹よりも遠くに飛ばし、ほっぺたに種をつけて澄ましているみなみの姿が実にシュールです。
 その後も川下り、ひまわりをバックに記念撮影、神社にお参りと、夏休みの体験が続きます。

 夕暮れ時、畳にそのまま寝転がるはるかたち。はしたないとたしなめるみなみですが、畳はこのまま寝てもいいと教えられ、遠慮がちに試してみました。トワもきららに押し倒されて、みんなで畳に横になります。
 ひんやりとした畳の感触。そよ風が木々を揺らし、蚊取り線香が煙を立ち上らせ、風鈴が優しい音色を奏でる、古き良き日本の穏やかな光景がそこにあります。空が茜色に染まり、いつしかみんなは転寝を始めました。しかし、トワは・・・

 トワは一人、暗闇を走っています。行けども行けども先は見えず、後ろからディスピアが迫り・・・

 トワは目を覚ました。みなみが、優しく団扇で煽いでくれています。はるかたちは和菓子作りを習いに行き、部屋に残っているのはトワとみなみだけ。
『少しうなされていたわ。悪い夢でも見たのかしら?』
 トワはしばし間を置いて答えます。
『・・・いいえ、なんでもないわ』
『その言葉、私も良く使ってしまうわ。心配を掛けたくなくて、つい、ね。でも、話す事で楽になることもあるわ』
 不安を煽るような少し強い風がトワの髪を揺らします。
『夕方・・・この時間になると、トワイライトの時の記憶を思い出すの。また闇に飲み込まれてしまうような気がして。夜が来るのが、怖い・・・』
 そこにはるかが、様子を見に戻って来ます。
『だいぶ暗くなってきた事だし、そろそろ行きません?』
 どこへ行くのか、それは行ってのお楽しみ。
『夏休みの体験よ』(5)

 やって来たのは河川敷。みんなで花火を楽しみます。手持ち花火や打ち上げ花火、ドラゴン花火や、どらかせんの先にせんこらで火をつけるとぢぬんの上をぐろぐろ回転するねずみ花火などを楽しんでいますが、トワは川面を見つめて浮かない顔です。
 楽しい時はすぐに過ぎてしまうもの。花火の在庫は無くなってしまいました。と、その時!第2のスーツケースが登場!
『さあ、花火はこれからが本番よ!』
『第2のスーツケースには花火がぎっしり・・・』『みなみんお泊りどんだけ楽しみにしてたの・・・』
 なんと中から大量の花火が!良い子のみんなは危険物をスーツケースに詰め込んではいけません。

 みなみはトワに花火を手渡します。
『美しい光ね・・・』
 周りの子ども達を巻き込んで花火で盛り上がるはるか達を、線香花火を手に見守る二人。
『こんな夜もあるのね』
 夜を恐れていたトワですが、今はさほど怖くないと言います。
『夜が怖くなったら、こんな風にみんなと一緒にいればいい。もっと私たちを頼ってもいいのよ』
 線香花火のほのかな光が、みなみとトワの顔を照らしています。
『みんなといれば、お化けも怖くない?』
『ええ、少しは・・・多分ね・・・』
 ちょっと照れながら答えるみなみ。線香花火は静かに消えました。

 そこに、小舟に乗ったシャットさんが流れてきます。憧れのトワイライト様を失って、同僚だったロックに上から目線であしらわれ、傷心旅行に出たものの、気は紛れず溜め息しか出ません。川岸のはしゃぎ声を耳にしたシャットさんがそちらへ目を向けると、その中にトワを見つけて逆上します。
『あれは元トワイライト様!おのれ人の気も知らないで楽しそうに』
 街を見回る消防団員を絶望の檻に閉じ込め、ゼツボーグを生成。シャットさんの恨み節を代弁するように、ゼツボーグはトワを狙い撃ちして来ます。
『なんと嘆かわしい。麗しきブラックプリンセス。私はあなたに一生お仕えするつもりでいた。それなのに・・・かわいさ余って憎さ百倍!消えるのみ!トワイライト!』
 ホースから撃ち出された闇がトワを襲いますが、みなみが飛び込んで助け、事無きを得ました。そしてトワイライト以外眼中にないと言うシャットさんに向き直ります。
『それなら用事は無いはずよ。この子はもうトワイライトじゃない。私たちの仲間、紅城トワよ!』
 振り返るみなみに、トワも力強く頷きました。
『そうでしょう、トワ』
『ええ!』

『冷たい檻に閉ざされた夢、返して頂きますわ』『お覚悟、決めなさい』
 変身を遂げた姿の美しさに我を忘れかけるシャットさんですが、振り払ってスカーレットを狙い撃ちさせます。闇の弾に撃たれたスカーレットが川に落ちそうになるのを、マーメイドが手を掴んで引き留め、その間にフローラとトゥインクルも参戦。
『させないよ!』『もう二度とスカーレットを傷つけさせない』
 二本のホースから撃ち出される闇を、リィストルビヨンとフルムーンハミングで抑え込みます。
『頼れる人がいると言うのは、こういうことなのね』
 頼れる人と言われたマーメイドもバブルリップルでゼツボーグを押し飛ばし、そこにスカーレットスパークが追い打ちをかけます。
『闇に追われるのが私の定めならば、もう目を逸らす事はしません。この手で闇を払います。何度でも』
 モードエレガントからのフェニックスブレイズが、ゼツボーグを撃退。
『やはり美しい・・・ハッ!』
 シャットさんも、相変わらずユダのように引き上げて行きました。

 せっかくの花火が台無しになってしまったと、ボヤきながらの帰り道。しかし眠るのが勿体ないくらいの楽しい夜はこれからです。
『それならいいものを持って来たわ』
 みなみの3つ目のスーツケースの中身、それは・・・
『それは開けてのお楽しみよ』
 中身は一体何なのか。それが明かされないまま、夏休みの夜は更けて行きました。


 社会的ステータスが高く、責任感が強い。
 みなみとトワの共通点を上手に絡めた展開が光る今回。はるかの実家訪問が動機となりますが、実際はみなみを通じてトワが自分を見つめ直す一編でした。前述の二点だけでなく、人には言いづらい苦手なもの・怖いものがあるというところも、この両者には共通していました。
 みなみはお化け嫌いだということを意識的に隠しているわけではなく、ただ周囲が求める生徒会長像を演じているうちに、あえて公にする必要が無いと判断していたのかもしれません。
 トワも同様に夕闇を怯えるのを隠していた訳ではないと思われます。そして罪を償うという意識と、王族としてホープキングダムを取り戻すと言う義務感ゆえに、今まで明らかに出来なかったのでしょう。
 同じような境遇だからこそ、みなみはトワが抱える怯えと不安に気づいたのだと思います。

「なんでもない」
 この言葉、私も良く使ってしまいます。そして職場の部下も、よくこの言葉を私に返して来ます。
 心配かけたくないという一心で、悩みや不安を飲み込む際に口を突いて出てしまう言葉。そう意識して私が使っている以上、それを口にする部下にも同じ気持ちがある筈で、取り除くのが私の役目だと分かっていても、現実にはなかなか上手くいきません。
 同じ心境ならば、みなみのように優しく寄り添うのも一つの答えだと思います。私もそうしているつもりですが、客観的に観て出来ているかは分かりません。

 一方、今回のみなみのように、あえて「天然」に振舞う、悪く言えば道化を演じる事も必要なのかもしれません。今回のみなみは意図せずとも、普段の真面目な姿とのギャップが何ともいえない味を醸しだし、天然のボケっぷりが際立っていました。結果的に未だ彼女に残っている、高嶺の花の近寄り難いイメージを覆し、親しみやすさを出せています。
 腹を割って話すためには、時には飾らない素の姿を見せる必要があるものだと、みなみの数々の描写から感じました。

 それにしても、みなみの真面目&世間知らずゆえの行動の数々は楽しめました。
 何度も繰り返し口にする『夏休みの体験ね』発言など、本人は別に面白い事を言おうとしている訳では無いのに、結果ギャグになってしまうところは、スマイルプリキュアの青木れいか先輩を髣髴とさせます。
 そしてスーツケースにメロンやら花火やら、そんなもの普通詰めないだろと突っ込みたくなる品の数々(笑)。ところで、3つ目のスーツケースは一体なんなんでしょう。夜長をみんなで楽しめるものといえば、まさか麻雀卓だったりして・・・?
 みなみのイメージを壊さないためか、「トウモロコシにかぶりつく」「スイカの種を飛ばす」を実際に描かなかったことも、一体どんな表情でそれをやっていたのか、想像が膨らみます。
 冒頭で例に挙げたもののように、視聴者それぞれが想像を巡らせられる展開も楽しめました。

 今回の舞台は川越だと言われています。近場なのに(近場だから?)まだ行ったことが無いので、機会があれば聖地巡礼として訪ねてみたいものです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0