So-net無料ブログ作成

Go!プリンセスプリキュア 第37話『はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!』 [Go!プリンセスプリキュア]

 プリキュアでロミオとジュリエットといえば、オールドファンとしては初代の志保演出によるものを思い出します。実際に行われた劇の内容を見ると、初代の方がハチャメチャロマンと言えそうな気が(笑)
 むしろ今回の方が、正統派のロミオとジュリエットと言えるかもしれません。
 そして劇中の台詞からは、次回と次々回の展開を予感させるものがありました。
  
 はるか達のクラスは、演劇会でロミオとジュリエットを行うことになりました。台本はゆいちゃんが、ロミオ役は演劇部の平野君が担当。そしてジュリエット役は、ゆいちゃんがはるかを推薦します。
 はるかは演劇部の古屋さんが良いのではと戸惑いますが、その古屋さんはあがり症のため、ステージに立つよりも演出を務めたいと希望します。クラスメイトのみんなにも、大道具や照明、衣装など各々がやりたい役割がありました。
 最初は戸惑っていたものの、平野君やクラスのみんなからの後押しを受けて、はるかはジュリエット役を引き受けます。

 錦戸さんの工房に、フラフラになったゆいちゃんが台本を持ってきました。よほど精根込めたのでしょう。それだけにゆいちゃんも自信作だと太鼓判を押します。
 きららとトワのクラスはシンデレラで、きららは一代後の後輩が憧れていた魔法使い役、モフ・・・シンデレラ役はトワです。
 みなみのクラスは竹取物語。かぐや姫役はもちろんみなみです。さすがに牛若丸と弁慶とかチャレンジするところは無さそうですね・・・ 
 明日から始まる練習に向けて、はるかは気合を入れ直しました。
『主役なんて緊張するけど、全力で頑張ります!』

 衣装や道具作りなどの準備も進む中、舞台稽古がスタート。
『あの窓から漏れる光は、ああ、あれは僕の天使!』
 平野君はさすが演劇部、安定の演技を見せますが・・・
『ああろみお、あなたはどうしてろ・・・ろみおなの』
 はるかのジュリエットはまだまだです。すると今までおとなしかった古屋さんが、突然鬼軍曹、いや鬼演出家へと豹変しました。
『カットカットォッ!!声が小さいッ!!表情も硬いし、気持ちが全然入ってないッ!!段取りで芝居しないでくれるッ!!!?』
 同じ演劇部の平野君によると、古屋さんは演劇の事になると周りが見えなくなるらしいですが・・・。実際、演技指導から一歩離れると、控えめでおとなしい姿を見せています。
 その後も古屋さんの容赦ない駄目だしに、はるかはコテンパンにされました。
『これは結構大変かも・・・』

 はるかは台本だけでなく、ロミオとジュリエットの原作や各種書籍を熟読し始めました。ジュリエットを自分のものにしようと懸命です。その努力は実を結ぶのでしょうか・・・

 実を結びませんでした(笑)
 古屋さんが求める水準には未だ達せず、今日もダメだしの嵐に遭い、はるかは完全に撃沈されました。古屋さんは叱るのではなく、はるかにお願いするように言います。
『春野さん。もっとジュリエットを分かってあげて。でないと、あなたの言葉は観客に届かない』

 夕暮れの河川敷。さすがに堪えたのか、はるかは膝を抱えてうつむいています。そこにカナタが通りかりました。台本を読んだカナタは、悲しい話だけど二人が想いを貫こうとするところが美しいとも思うと感想を漏らします。
『ジュリエットって、どんな女の子なんだろう。届ける・・・?私、わからなくなっちゃった』
 珍しく弱音を吐くはるかに、カナタは誰かに代わってもらえないのか尋ねました。すると・・・
『それは無理だよ。みんなもやる事があるし、それに、自分で決めたんだもん。すぐに諦めたら何も始まらないよね』
 いつもの前向きなはるかが戻って来ました。その前向きでまっすぐなところがジュリエットに似ているというカナタの評に、はるかも何かを掴んだようです。
『よーし!真っ直ぐやろう!まっすぐーーーー!』
 夕暮れの川に向かって叫びました。嗚呼、青春だねぇ・・・
 そしてカナタに練習を付きあってもらいました。記憶が無いとはいえ、さすが王子。見事にロミオ役をこなします。はるかも触発されたのか、ジュリエット役を掴み始めたようです。
『ああロミオ。あなたはどうしてロミオなの?バラを別の名に置き換えてもその香りは同じ。ロミオ様はロミオ様です』
『仰せの通りに致します。あなたが望むなら、僕は自分の名を棄てましょう』

 翌日。はるかは立ち直って元気に登校。改めて平野君と古屋さんに、一緒に頑張ろうと誓いました。厳しい稽古は変わりませんが、準備も着々と進み、瞬く間に一週間後の本番の日がやって来ます。

 そして当日。はるかはガチガチに緊張していますが、それは演劇部の平野君とて同じこと。
 緊張をほぐそうと外へ出た平野君は、運悪くストップとフリーズに遭遇。逃げようとして転倒した平野君に、無機質な二人が迫り・・・

 いつまで経っても戻ってこない平野君を案じるはるか達。みなみ、きらら、トワも加わり、平野君を探します。捜索する古屋さんの前にも、ストップとフリーズが立ちはだかりました。
 最高の演劇を作りたいという彼女の夢を閉じ込めて、演出家ゼツボーグが生み出されます。古屋さんが被害に遭ったと知って駆けつけたはるか達の前に、二体のゼツボーグが立ちはだかりました。無論もう一体のロミオゼツボーグは言うまでも無く、平野君の夢を素体にしたものです。

 もうすぐ本番。フローラは時間が無いと焦っていると、ストップはお節介にも70秒の時間制限を設けました。演出家ゼツボーグのストップウォッチが時限爆弾へと変わり、カウントダウンが始まります。
 70秒で2体を相手にしなければならないと思いきや、ロミオゼツボーグが無数に分裂。ストップウォッチに水をかけて壊すべく、マーメイドに技を放つ機会を与えようと奮闘するフローラ、トゥインクル、スカーレットですが、相手が多すぎて近づけません。残り時間は10秒を切りました。
 その時、フローラは懸命に演劇の準備に臨んでいたクラスのみんなの姿を思い返します。
 気合一閃。フローラがロミオゼツボーグを押し留めました。残り5秒。マーメイドを促して、見事水が爆弾を直撃。残り一秒で爆弾は止まりました。
『今日は大切な日なの!古屋さん、平野君、それに学校のみんなが今日のために一生懸命準備してきたの!みんなの頑張りを無駄にはさせない!』
 エクラエスポワールで二体まとめて撃退。古屋さんと平野君の夢も無事解放しました。

 ところが、安心したのも束の間。平野君は先程転倒した際に、足を痛めていました。踏ん張って立とうとしますが、激痛で立ち上がれません。
『・・・ごめん』
 悔し涙を流す平野君。今から代役など、誰かに務まるものでもありません。古屋さんは台詞をすべて覚えていますが、彼女は極度のあがり症。一度は舞台に立とうと考えますが、やはり彼女には無理です。
『ロミオなら多分、僕が出来ると思う』
 その時、カナタが代役を申し出ました。はるかの練習に付き合ったお蔭で、台詞は全部覚えています。代役としては理想的です。
 しかし、部外者を入れたら賞はもらえません。躊躇するクラスメイト達。その中ではるかは懸命に考えていますが、もう時間がありません。
『今日までみんなで頑張って来たんだ・・・。ロミオ役、お願いします』
 無念そうに、カナタに代役を頼む平野君。その意を汲んで、カナタを代役に立てようという雰囲気になりかけますが・・・。
『私は劇が上手く行かなくても、ちゃんと自分たちでやらなきゃいけないような気がする』
 はるかがその流れを断ち切りました。
『上手く言えないんだけど、無茶かもしれないけど、でも・・・失敗してもいいから、私は、自分たちのクラスの舞台を作りたい』
 はるかの言葉に打たれ、平野君も本心を打ち明けました。
『やっぱり、僕も出たい!』
 古屋さんも平野君を励まします。そしていざという時は自分が代わることも覚悟して、震えを懸命にこらえています。クラスのみんなも平野君をフォローして舞台をつくり上げようという雰囲気になり、改めてはるかはカナタの手を取り、代役を申し出てくれた事にお礼を言いました。

 演劇会が始まり、みなみのクラスの竹取物語、きららとトワのシンデレラが生徒達を魅了します。
 その舞台裏では、平野君に包帯を巻いたり、負担を軽減するために構成を変えたりと、みんな懸命に動いています。
 そしていよいよ、ロミオとジュリエットの幕が上がりました。
 平野君の足を気遣い、みんな固唾を飲んで見守る中、なんとか舞踏会の場面が終了。しかしこの時点で20秒押し。古屋さんの指揮の下、皆が迅速に舞台転換を行います。
『ジュリエット。あなたのまっすぐな気持ち、みんなに届けるよ』
 はるかもジュリエットから勇気をもらうように、最も有名な場面に臨みました。

 ロミオがキャピュレット家を訪ねる場面。
『ああジュリエット。君は一体どこにいるんだ』
 その時、アクシデントが発生。平野君を足の痛みが襲い、転倒。客席はざわめき、舞台袖も、舞台上のはるかも凍りつきます。意を決した古屋さんが割り込もうとしたその時、はるかが機転を利かせました。
『そこに居るのは誰?ああ、あなたはロミオ。足を怪我してまで何とおいたわしい!』
 本来はテラスでロミオを迎え入れる場面を、あえて倒れたロミオに駆け寄る見事なアドリブ。そしてはるかは完全にジュリエットになり切り、平野君もそれに応えてロミオを演じ切ります。
『すごい・・・』
 舞台袖のゆいちゃんが息を呑むほど、何かに憑かれたような熱演を繰り広げるはるかと平野君。
 劇はロレンスの前で婚礼の誓い、キャピュレットとモンタギューの諍いを経て、悲劇の結末で幕を下ろしました。はるかと平野君だけでない、クラス全員が見事に成し遂げた劇に、惜しみない拍手が注がれます。

 夕暮れの河川敷。なんとか自分達の力で最後まで頑張れたと、はるかは改めてカナタにお礼を言います。
『はるかはまっすぐだ。本当にジュリエットのようだったよ』
 はるかは再びジュリエットの台詞を、カナタに向けて口にします。
『ああロミオ、あなたはどうしてロミオなの?』
 カナタも笑顔を浮かべながら、それに応じました。
『仰せの通りに致します。あなたが望むなら、僕は自分の名を棄てましょう』
 川に照り返された夕陽が、二人の手を明るく照らします。


 今回は誰の視点で物語を見るかによって、さまざまな見方があります。
 まず、カナタについて。前回でも少し見られたのですが、今のカナタは「夢」に向かって頑張るみんなと少し温度差があります。なぜ、そこまで苦労して夢を追うのか、今の彼にはよくわかっていないような素振りが、特に今回は随所に見受けられました。
 フラフラになりながら台本を仕上げたゆいちゃんを見る冒頭部分から、その目は妙に冷めて見えます。
 『今日は大切な日なの!古屋さん、平野君、それに学校のみんなが今日のために一生懸命準備してきたの!』
 戦闘中、フローラが力強く言い放った、起死回生のきっかけとなる台詞を聞いた時も、どこか反応が鈍く見えました。
 そして足を痛めた平野君の姿を見たとき、カナタは誰かに代わってもらえないのかと口にして、さらにロミオ役の代役を買って出ます。これはあくまではるかやクラスのみんなを気遣った、善意の発言です。そして平野君に対しても、彼が悔しさを押し殺して自分の事よりもクラスの事に重きを置いたと判断したからこそ、カナタはそう申し出たのでしょう。
 しかし、本来のカナタなら「逃げ」「妥協」を示唆するようなことは言わなかった筈です。かつてトワに『失敗しても、一歩ずつ取り返して行けばいい』と言ったカナタですから、たとえ今回の劇が失敗に終わっても、平野君を舞台に立たせるための励ましを行ったのではないでしょうか。
『悲しいお話だね。でも美しいとも思う。二人が想いを貫こうとするところとか』
 彼は今回、ロミオとジュリエットの台本を読んでそう感想を漏らしました。今のカナタは優しく、思いやりもあります。しかし、想いを貫く力強さが感じられません。
 その善意が次回とんでもない仇になろうとは・・・本放送時には想像もしませんでした。改めて見返すと、このカナタの姿も伏線だったのだと思います。

 伏線といえば、はるかとカナタによる、台本の読みあわせにはドキっとさせられます。
 先の展開を知っているからこそ余計ですが、リアルタイム時にも、カナタが「あなたが望むなら」「自分の名を棄てる」という選択をする可能性もあり得るのではないかと深読み解釈をしてしまったものです。
 結果としてそれは杞憂でしたが、先を知った身としては違った解釈もできました。
「あなたはどうしてロミオなの?」という有名な台詞、これも「あなたはどうしてカナタなの?」という意図が、はるかの胸の内にあったように聞こえて来ます。目の前にいるのは、確かに紛れもないカナタ。しかしその記憶は失われ、夢を追う力強さが感じられません。それでもその姿と優しさは変わらず、カナタはカナタである事に変わりは無いと、自分に言い聞かせているようにも感じました。
 そして「あなたが望むなら自分の名を棄てる」についても、危うさが感じられます。今のカナタは、はるかが「望んでいない」のに、自分の名を棄ててしまっています。その結果が次回の大事件でした。このタイミングでのロミオとジュリエットだけに、どれも伏線に見えてきました。深読みかもしれませんが(苦笑)
 
『それは無理だよ。みんなもやる事があるし、それに、自分で決めたんだもん。すぐに諦めたら何も始まらないよね』
 このはるかの台詞も、次々回に繋がる言葉でしょう。後に極めて印象的な台詞へと昇華されるこの考えが、ここで既に出ています。
 自分で決めた選択に責任を持ち、最後まで成し遂げる。分かっていても現実にはなかなか難しいものです。私など最近は愚痴る事が多くて恐縮ですが、壁にぶつかり続けて正直しんどいと思っていました。
 はるかも今回、河川敷でうなだれる等、珍しく挫折した姿を露わにしています。しかし、それはまだ絶望ではありません。いつでもどこでも出会う可能性がある、壁と挫折です。
 カナタの存在が励みになったのも確かですが、それ以上に平野君と古屋さんに熱意とやる気を貰ったのが、立ち直るきっかけになっています。

 平野君と古屋さんも、単なるゲストキャラの枠を超えた活躍をしてくれました。
 まず平野君について。彼は当初、地味で冴えない男子という印象で、前半部はさほど目立つ活躍はありません。演劇部としてのキャリアを活かした演技を披露し、はるかに適切なアドバイスを送る程度です。
 ところが本番直前になってから、彼の人間らしい魅力が次々と溢れて来ます。
 演劇部として何度も舞台に立っているはずなのに、いや演劇部だからこその期待値が求められているのか、はるかと同じくらいか、それ以上の緊張を見せています。しかしその緊張が嫌ならば、彼は演劇を続けていないはずです。彼もまた、自分で選んだ演劇部という選択から逃げずに舞台に立ち続けてきたからこそ、この緊張を乗り越えた先の、舞台を終えた後の高揚感を得るために頑張れるのでしょう。
 あの怪我の後、例えば古屋さんが上がり症に耐えてロミオ役を務めあげるという展開も考えられました。緊張のため動けない古屋さんを、平野君が「僕の分まで頑張れ」的に応援して、古屋さんが舞台を務めあげるという展開ならば、それはそれで良い話になったのではないでしょうか。
 しかしそれでは平野君の解決にはなりません。やはり今回の決着がベストの選択だったと思います。
 足を痛めてしまっても出たいという本音は、平野君のある意味「ジコチュー」です。賞が取れないかもしれない、みんなに迷惑をかけてしまうかもしれない。現に平野君のサポートのため、みんなは懸命に動き回っていました。しかし単なる個人の自己満足のためだけに、人はこれほど真剣に動けません。みんな平野君がいかに真剣に今日という日を目指していたかを知っています。怪我は不運な出来事でしたが、クラスのみんなが彼をどう見ているのかが分かる、怪我の功名になったと思います。

 古屋さんについては逆に前半部のインパクトが強烈でした。おとなしく物腰柔らかな子かと思いきや、あの鬼軍曹への変貌っぷり(笑)。初代の志保もメガホンを取ってからは人が変わったようになりましたが、演出家はこういう方が多いのでしょうか(笑)。
 なぜあがり症なのに演劇部に居るのかとについても、ひょっとして彼女はあがり症を克服するために演劇部の門を叩いたのかもしれません。しかしそこでも舞台に立つことはできず、いつしか演出という分野に自分の道を見出したのでしょう。

 この二人の熱意と、ずっと重ねてきた練習があったからこそ、はるかにジュリエットが「降りてきた」のだと思います。転倒したロミオに駆け寄るアドリブ以降、二人は何かに憑かれたような圧巻の演技を見せていました。台本をなぞるのではなく、血肉になるまで読み込んで、ロミオとジュリエットを自分のものにするために悩み、壁にぶつかり、熱血指導に耐えた結果の賜物と言えます。
 賞を取れたかどうかは定かではありません。しかし賞を取るために頑張ったのではなかったはずです。賞以上のものを、今回の経験ははるか達に与えてくれたことでしょう。

 演劇は役者だけではなく、スタッフがいてこそ成り立つもので、その数だけドラマがあります。
 たまたま今回ははるかのロミオとジュリエットにスポットが当たっただけで、きららとトワのシンデレラや、みなみの竹取物語にも、その完成度を見ると今回と同じようなドラマがあったはずです。
 シンデレラも竹取物語も、ほんの一瞬しか映りませんでしたが、いずれも見事な出来栄えでした。 こちらのメイキング風景もスピンオフで見てみたいものです。
 そしてかぐや姫みなみん、トワデレラの美しさは言うまでも無く、魔法使いきららの可愛さといったら!!もっとも個人的には舞台を降りた後の、ウィッグを外した姿のきららが妙にツボでした。

 また70秒の時間制限バトルも面白かったです。タイムアタックといえばスイートでの「30分で世界を救う」がありましたが、あの時以上に実際と作中の時間軸をリンクさせていました。
 演劇に尺を持たせるために戦闘を短くせざるを得なかった苦肉の策かもしれませんが、結果的にスリリングかつスピード感あふれるアクションシーンに昇華していました。
 
 ところで古屋さんの下の名前も「りこ」だったんですね。ポンコツ加減がなんとなく1年後の後輩魔法使いにシンクロする気がします。もっとも、
「緊張してないし!計算通りだから!」とか強がったりはしませんでしたが(笑)。
 そして平野君。君は痛みに耐えてよく頑張った!感動した!と言いたいところですが、みなみときららという、ノーブル学園の憧れの的の二人に肩を借りるなんて、羨ましすぎますぞ。怪我が治ったら体育館裏へ来るように。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 1

MP

毎度お馴染み「学園祭」の回で、今回は演劇会。魔女アニメじゃ「海の少年」・「雪国の少女」・「蒸気機関車」・「京都」と共に定番のネタ(昔は主人公とブルジョア娘との取り合いだったな)。そして今回、はるか・ゆいのクラスは「ロミオとジュリエット」。「初代」以来のネタですが、学校が変わるとこうも変わるもんですね。

その一方でみなみは「かぐや姫」ですが、きらら・トワが「シンデレラ」!! シンデレラといえば去年モフルンがなり、また「スマイル」(映画でも)と「5」までやってる、これまた定番ネタでした。演劇会でやったのはよかった方で、これを5・スマ・まほみたいにやったらどうなるか…!!
by MP (2017-07-18 20:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0