So-net無料ブログ作成
検索選択

1日考えた上の決断

「42km地点でのリタイア」「3,700mでの下山」
昨日、最終回本編を見ながら、走り書きしたメモの一節です。
それほど、最近は書き続けるのが苦しかったです。
感想を書きながら途中で思い直し、「やれるところまで続けてみよう」
などと最終回の冒頭で書いておきながら、まだ一晩しかたってない内に発言を翻す事は
朝令暮改のそしりを受けるかもしれないと、覚悟しておりますが・・・
しばらく休もうと思います。
 
決して誤解の無いよう、念を押させて頂きますが、
私はスマイルプリキュアのシリーズを苦手にしているつもりは毛頭ありません。
むしろ、一視聴者として存分に楽しみ、彼女達と過ごした一年間もまた
これまでのシリーズ同様、かけがえのない宝物のようだったと考えています。
そして、ドキドキ!プリキュアの始まりも待ち遠しく、
こちらに期待していない、などと言う事もさらさらございません。
にもかかわらず、この決断を下した責任は、全て私の姿勢にあります。

改めて最終回やその前数回の感想を読み返してみて
余分な贅肉の多い書き方、無駄に長い文章、本質が何か分かり辛い感想、
目を覆わんばかりです。
同じ最終回を比べてみても、スイートやハートキャッチと比較すれば、
執筆時の熱意や注いだ愛情の差は一目瞭然です。
極端に人目を気にしすぎるという私の悪い一面が、もろに出てしまったというべきでしょうか。
「欠点を指摘しない事」=「八方美人で無難な感想」になっている感が強いです。
私がこれまで書いた感想の中で、最も問題作だと考えている
プリキュア5第21話など、あれ程ばっさりと切り捨てているにもかかわらず、
今読み返せば、私が何を言いたいのかが逆に良く伝わって来る気がします。

周囲を意識しすぎるが故に、文章を飾りたてた結果、
身動きが取れない程に肥大してしまったのだと、理由ははっきりしています。
はるばるフランスまで赴いたにもかかわらず、「花の都でファッションショー」の執筆が
遅々として進まないのも、それが影響していると実感しています。

そして何より、この感想執筆が「義務」になってしまった事が大きいです。
そもそも社会復帰のリハビリの目的で始めたものが、
仕事の息抜きとして楽しむようになり、日曜の本編と週2本の再見の3本建ても
全く苦ではなく、楽しんでやっていたと思います。
しかしいつしか私の予想以上の反響を目の当たりにして、
自分で勝手に作り上げてしまった責任の重さが、大きな負担になってしまいました。
報酬を得ているプロ作家や評論家では無いにもかかわらず、
「私に求められているもの」を築き上げてしまい、結果押し潰されてしまいかねません。
それはプリキュアだけでなく、ジョジョも同様でした。
楽しんで視聴した感想をまとめる事が本来の趣旨だったのが、
今や「仕事」と変わらぬ圧力となって、重く圧し掛かって来ています。
こんな状態では、楽しんで視聴する事など叶いません。

この発表をするまで、悩みました。
あまりに誠意が無いのではないか。
ご来訪頂く皆様、コメントを下さる皆様を裏切るのではないか。
特にコメントは私の視点を補う貴重なご意見としてだけではなく、
悩み迷った時の道標として、とてもありがたいものでしたので、一層その気持ちが強いです。
しかし、このまま不安定な状態で続けて行く事の方が、
読者の皆様に対しても、そしてプリキュアシリーズに対しても
逆に誠意が無い事ではないかと考え、少し落ち着くまで、休もうと思いました。

新田次郎のある山岳小説に、
「滑落する危険が起こった場合は、食い止めるために怪我を恐れてはならない。
 怪我を恐れるために生命を失ってはならない」
という意味の一節がありました。
今は休止という一時の怪我を決断すべき時なのかもしれません。

また一年前とは異なる「公」の部分、会社での仕事量の増加や、
責任ある立場になった事による余暇時間の減少という事情もあります。
またこの4年間、土日の大半をプリキュア感想執筆に割いてきたため、
他にやりたい事を犠牲にしてきたという思いもあります。

しかし、このまま放置するつもりはありません。
心身の安定のための充電期間として、またいわゆる「サバティカル」のつもりで
一度リセットしてから、再び続けて行きたいと思っています。
コメント返信に関しましても、お時間を頂きますが、必ずお返しさせて頂きます。
長い目で見て頂けると幸いです。
再開した折には少し文体や考え方が変わっているかもしれませんが
それは生まれ変わった結果だとお考え頂ければと思います。
終わらせるつもりはございませんので、「今までありがとうございました」という言葉ではなく、
「またお会いしましょう」と結ばせて頂きます。

重ね重ね申し訳ございませんが、私の我がままをお許し下さい。



※2月3日追記
皆様からこんなにも暖かいコメントを頂き、とても感謝しています。
正直、涙が出ました。
この4年間、費やした時間は決して無駄ではなかったと、実感しました。
個々のご返信は少しずつお返しさせて頂きます。
まずは取り急ぎ、御礼まで。

そして先程、ドキドキ!プリキュアの第1話を観終えました。
こんなにニュートラルに、こんなに気楽に、こんなに楽しんで観たのは久々な気がします。
そして、今回観て感じたこの胸の高鳴りを、早くも語りたい気持ちで一杯です。
しかし今はまだ焦らず、自分の納得行くものをつくり上げられるよう、
もう少し気持ちに余裕が出来てから再開したいと思います。

『スマイルプリキュア!』レビュー目次 [スマイルプリキュア!]

第1話 『誕生!笑顔まんてんキュアハッピー!!』
第2話 『燃えろ!熱血キュアサニーやで!!』
第3話 『じゃんけんポン♪でキュアピース!!』
第4話 『直球勝負!風のキュアマーチ!』
第5話 『美しき心!キュアビューティ!!』
第6話 『チーム結成!スマイルプリキュア!!』
第7話 『どこなの?わたし達のひみつ基地!?』
第8話 『みゆきとキャンディがイレカワ~ル!?』

第9話 『うそ~!やよいちゃんが転校!?』
第10話 『熱血!あかねのお好み焼き人生!!』
第11話 『プリキュアがチイサクナ~ル!?』
第12話 『目覚める力!レインボーヒーリング!!』
第13話 『修学旅行!みゆき、京都でどん底ハッピー!?』
第14話 『修学旅行!大阪で迷子になっちゃった!?』
第15話 『ドタバタ!みゆきの母の日大作戦!!』
第16話 『れいかの悩み!どうして勉強するの!?』

第17話 『熱血!あかねのお笑い人生!!』
第18話 『なおの想い!バトンがつなぐみんなの絆!!』
第19話 『パパ、ありがとう!やよいのたからもの』
第20話 『透明人間?みゆきとあかねがミエナクナ~ル!?』
第21話 『星にねがいを!みんなず~っと一緒!!』
第22話 『いちばん大切なものって、なぁに?』
第23話 『ピエーロ復活!プリキュア絶体絶命!!』
第24話 『プリキュアが妖精になっちゃった、みゆ~!?』

第25話 『夏だ!海だ!あかねとなおの意地っ張り対決!!』
第26話 『夏祭り!夜空に咲く大きな大きな花!』
第27話 『夏のふしぎ!?おばあちゃんのたからもの』
第28話 『ウソ?ホント?おばけなんかこわくない!』
第29話 『プリキュアがゲームニスイコマレ~ル!?』
第30話 『本の扉で世界一周大旅行!!』
第31話 『ロイヤルクロックとキャンディの秘密!!』
第32話 『心を一つに!プリキュアの新たなる力!!』

第33話 『映画村で時代劇でござる!?の巻!』
第34話 『一致団結!文化祭でミラクルファッションショー!!』
第35話 『やよい、地球を守れ!プリキュアがロボニナ~ル!?』
第36話 『熱血!?あかねの初恋人生!!』
第37話 『れいかの悩み!清き心と清き一票!!』
第38話 『ハッスルなお!プリキュアがコドモニナ~ル!?』
第39話 『どうなっちゃうの!?みゆきのはちゃめちゃシンデレラ!!』
第40話 『熱血!あかねの宝さがし人生!!』

第41話 『私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!』
第42話 『守りぬけ!なおと家族のたいせつな絆!!』
第43話 『れいかの道!私、留学します!!』
第44話 『笑顔のひみつ!みゆきと本当のウルトラハッピー!!』
第45話 『終わりの始まり!プリキュア対三幹部』
第46話 『最悪の結末!?バッドエンドプリキュア!!』
第47話 『最強ピエーロ降臨!あきらめない力と希望の光!!』
第48話 『光り輝く未来へ!届け!最高のスマイル!!』

こうして見ると、個々のエピソードは粒ぞろいの作品だったと思います。
楽しい一年間を、ありがとう。

スマイルプリキュア最終回『光り輝く未来へ!届け!最高のスマイル!!』 [スマイルプリキュア!]

いきなりこのような、しかも最終回をこのような書き出しで始めて恐縮ですが・・・
この一年で、私を取り巻く環境は公私に於いて大きく変わりました。
さらにここ数日は、ここの運営に関する「進退」を本気で考えていました。
しかし、やれるところまで続けてみようと、この最終回を観て改めて思い直しました。
言葉がうまく出てこなくて、特にまとまりが無い文章になり恐縮ですが、
少し本音を晒す事に踏ん切りがついたような気がします。
終わりの始まり、そして別れと出会い。
絶望を笑顔で包み込む、スマイルプリキュアの最終章がここに刻まれました。

>>続きを読む


スマイルプリキュア第47話『最強ピエーロ降臨!あきらめない力と希望の光!!』 [スマイルプリキュア!]

希望とは、絶望とは何か。
荒野と化した地球に異形の巨人が跳梁跋扈する世界という
「最悪の結末」とはこの事かと言わんばかりの絶望的な状況を前にして、
満を持して復活したピエーロに相対した五人と一人の
一年間の足跡を思いめぐらさずにはいられません。
最終決戦の火蓋が、ここに切って落とされました。
 

>>続きを読む


ジョジョの奇妙な冒険 第15話『ヒーローの資格』 [ジョジョの奇妙な冒険]

敵・味方を問わず、盤石の「必殺技」があると物語が締まりますね。
第一部時点でのディオには「気化冷凍法」がありましたが、
少々地味目な技なので、圧倒的な畏怖をもたらすものでは無かったような気がします。
ヤバい必殺技だと誰もが認めてしまいそうな技が、遂に動画で拝める時が来ました。
あの伝説の技解説も含めて、期待せずにはいられないッ!
 

>>続きを読む


スマイルプリキュア第46話『最悪の結末!?バッドエンドプリキュア!!』 [スマイルプリキュア!]

これまでの記事をご覧の方々はご存じと思いますが、私は大のイース様信者です(苦笑)
もとい、イース様だけでなく満と薫ダークプリキュアエレン「様」
同年代の男子だったキリヤ、そしてダークドリームを筆頭としたダークプリキュア5など、
プリキュアと同世代である敵側の少年少女達に、強く惹かれて来ました。
敵側とプリキュア側の間で任務と友情との間に葛藤し迷う姿や、
「父の愛」を求めての「姉」への嫉妬という悲しい宿命、そして敵であるが故の
「滅びの美学」がもたらす儚い美しさが、私の心を捉えてなりませんでした。
そんな私の大好物?であろう、バッドエンドプリキュア。
その唐突な登場に期待と不安を抱きながら、今回の視聴に臨みました。
 

>>続きを読む


ジョジョの奇妙な冒険 第14話『太古から来た究極戦士』 [ジョジョの奇妙な冒険]

シーザー、そして三人の柱の男とDSCF0819.JPG
一気に役者が揃う今回に備えるべく、
夜食にイカスミスパゲティを作って、
ンまい!ンめえじゃあねーかッ!いけるぜッ グー!と
昨晩はこいつをズビズバーとすすりながら臨みました。
 

>>続きを読む


スマイルプリキュア第45話『終わりの始まり!プリキュア対三幹部』 [スマイルプリキュア!]

「終わりの始まり」
なぜ「始まりの終わり」ではないのか、意味深なサブタイトルです。
これは終末が始まってしまうという意味なのでしょうか。
一方三幹部達の目線では、彼らの苦悩を知ったプリキュア達が取った行動によって
抜け出せない悪夢の「終わり」が「始まった」と解釈する事も出来ると思います。
いずれにせよ、年の初めに最終決戦の「始まり」を告げる一編が幕を開けました。
 

>>続きを読む


ジョジョの奇妙な冒険 第13話『JOJO vs. 究極生物』 [ジョジョの奇妙な冒険]

皆様、今年もよろしくお願い致します。
それにしても年末年始を挟んだこの2週間、長かった・・・
ジョジョ第二部は既に暗誦する程読み込んでおり、
話は十分知っている筈なのに、これ程毎週楽しみな作品も珍しいです。
これ程濃密なストーリーなのに、まだ序盤が終わったに過ぎない第二部、
以降の展開がまたしても待ち遠しくなりました。
 

>>続きを読む