So-net無料ブログ作成
検索選択

にちようーびなーのに なりたくうーこう どうするーよー? [旅行]

 今日は日曜なのに、大事なお客様の出国を見送る用ができてしまい・・・朝6時に家を出て成田空港へ行く羽目になりました。「魔法つかいプリキュア」の録画予約を念入りに確認して出発し、8時前に成田到着。手続きや見送りを済ませ、早くも9時前には私の役目は終わりました。
 朝早くに起きてここまで来たのに、もうお役御免・・・仕事が終わって嬉しい反面、なんだかもったいないので、成田空港の展望デッキで少し時間をつぶしてみることにしました。
 

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅行者の立場で見たバスタ新宿と下北半島の気になる点 [旅行]

私の職場は新宿の南口方向にあり、毎日新南口を利用して通勤しています。
その新南口にこの春、鳴り物入りで巨大バスターミナル「バスタ新宿」が誕生しました。
合わせて改札周辺もリニューアルされ、小奇麗な店が並ぶ一角が出来ています。
今回の旅行は、オープン以来初めてバスタ新宿かのら高速バスを利用したのですが、通勤で通り過ぎるだけでは気が付かなかった、ちょっと不便なことについて記して行きたいと思います。
併せて下北半島の旅行中、公共交通機関の在り方について気になった点にも、旅行を愛する者として意見提言してみます。
 

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下北半島3泊5日の旅~⑧下風呂温泉 [旅行]

仏ヶ浦から佐井港へ戻ったのは15:30。
計画段階ではここからむつ市内へ戻ろうと思いましたが、大間と大畑の間に気になる地名を見つけました。
shimofuro.jpg
下風呂温泉。かつて井上靖が「海峡」を執筆したという地で、海辺には珍しい硫黄泉が沸く温泉地とのこと。
また、ここよりも北に「桑畑温泉」「大間温泉保養センター」が存在するものの、「温泉街」としては下風呂が本州最北端の温泉地のようです。
さらに地域内で異なる源泉が湧出していることも興味を惹き、最後の1泊はここに泊まることにしました。
 佐井15:43→下風呂16:47
 

>>続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下北半島3泊5日の旅~⑦仏ヶ浦 [旅行]

大間のマグロに舌鼓を打ち、次の目的地へと再びバスに乗り込みました。
hotokegaura.jpg
奇岩景勝地として知られる、仏ヶ浦。
もっとも「知られる」と言っても今回の下北半島行きを計画してから下調べを始めるまで不勉強で-、失礼ながら詳しくは存じませんでした。
この景観は船から見るのが最良とのこと。次はバスから観光船へと乗り継ぎます。
 フェリー乗り場前 13:13→佐井13:34
 佐井港14:00→仏ヶ浦14:30
 

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下北半島3泊5日の旅~⑥大間 [旅行]

昨日の尻屋崎に続いて、今度は本州最北端の地、大間を目指しました。
oma.png
最近ではマグロでも有名になった地だけに、マグロを食すことも楽しみにして大畑からバスに乗り込みます。
 大畑09:55→大間崎10:47
 

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下北半島3泊5日の旅~⑤薬研温泉 [旅行]

下北半島中央部の薬研温泉には、以前から行ってみたいと思っておりました。
ただ公共交通機関の情報が無く、タクシーかレンタカーもやむなしと思っていたところ、宿泊すれば大畑まで送迎もしていただけるとのことで、今回の2泊めは薬研温泉泊を組みました。
ちょうどバスのスケジュールも狙ったかのようにスムーズです。
 尻屋崎13:30→むつバスターミナル14:17
 むつバスターミナル14:25→大畑14:55
バスターミナルに預けた荷物を受け取り、次の目的地大畑へと向かいました。
 

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下北半島3泊5日の旅~④尻屋崎 [旅行]

本州最北端の地はマグロで有名になった大間崎。青函トンネルの本州側は竜飛崎。
これらも「最果て」感がありますが、それ以上に地の果てのような雰囲気がありそうで以前から気になっていた「尻屋崎」へ行ってみる計画を立てました。
ちなみに尻屋崎とは↓↓ここです。
shiriyazaki.jpg
 

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下北半島3泊5日の旅~③荷物を抱えてむつ市内をさまよう [旅行]

1泊目に選んだホテルは、むつ市街中心部からさらに離れた場所にあります。
そもそも「下北駅」がむつ市中心部から離れており、ホテルは市街地を挟んで反対側。
「むつバスターミナル」周辺が中心街とのことですが、下北駅のコインロッカーに荷物を入れてしまった以上、下北駅まで戻るしかありません。
下北駅からホテルへ向かうために、まずはむつバスターミナルまで行くバスがあればと思いましたが、あいにく1時間半近くバスがありません。
地図を見ると、下北駅からホテルまでは5㎞弱といったところでしょうか。
東京で生活していれば、何だかんだで日々3~4㎞は歩いているので、これならいける!と思ったのが地獄の始まりでした(笑)
せっかく彼岸から戻って来たばかりだというのに、素直にタクシー使えば良かったのですが・・・
 

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下北半島3泊5日の旅~②恐山 [旅行]

出だしから体力的に厳しい状態でスタートした今回の旅行。
スーツケース抱えたまま周辺の散歩に出るのも大変ですし、とりあえずバスが来るまで駅の待合室で仮眠することにしました。
08:50頃。野辺地からの列車が到着する前に目を覚まし、ちょっと早めに開いていたコインロッカーに大きな荷物を突っ込んで、隣の観光案内所で資料収集した後、恐山行きのバスへと乗り込みました。
運賃はどうせなら穴開き銭(50円)6枚の300円で支払う、だったら面白いのですが、それでは採算が取れないのでしょう。下北~恐山間は800円也。
 

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

下北半島3泊5日の旅~①体にこたえた夜行バス [旅行]

私の職種は仕事柄、交代で夏休みを取る必要があり、私の番はこの時期に回ってきました。
逆にお盆や連休のピーク時に取るよりも空いていて、むしろ歓迎すべきことです。
海外へは昨年秋と今年の6月に行く機会があったので、今回は国内でもまとまった休みが取れないと行けない方面へと思案した結果、青森県の斧のような地帯、下北半島へと行ってみました。
 

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行